水素水サーバーを選ぶなら

水素水サーバーを導入して、毎日手軽に抗酸化しよう!

アクアバンク
アクアバンク公式HP画像
年間費用 64,997円
コップ1杯
(330ml)
29円
公式HP▶
HⅡ GAURA
HⅡ GAURA公式HP画像
年間費用 95,957円
コップ1杯
(330ml)
43円
公式HP▶
アルピナウォーター
アルピナウォーター公式HP画像
年間費用 103,744円
コップ1杯
(330ml)
47円
公式HP▶
※公式HPの情報を基に、水代・水の使用量・電気代などを独自で算出した費用になります。
HOME » 水素水の効果をリサーチ » 神経疾患に働きかける

神経疾患に働きかける

このページでは、神経疾患に発揮される、水素水の効能を調べています。

神経疾患に発揮される水素水の効能

さまざまな健康/美容効果が注目されている、水素水。
その源泉となるのが、以下の働きです。

水素水は体内で悪玉活性酸素「ヒドロキシラジカル」と結合。
無害な水に変換して体外に排出させる。

活性酸素には、本来「ウィルスを撃退する」など有用な働きがあるのですが、
加齢やストレス、生活習慣などさまざまな要因で過剰に生成されると、
体内の細胞や組織を攻撃し、悪影響を与えます。

熟年活性酸素のせいで疲労が蓄積されやすくなるのはもちろん、
高血圧など深刻な疾病につながる症状を引き起こすので、注意が必要。
水素水はその適切な質量コントロールに役立ってくれるのです。

そんな水素水の「活性酸素除去効果」は、神経疾患にも有効であることが分かっています。

【主な神経疾患】

■アルツハイマー病
■パーキンソン病

神経疾患と聞くと、具体的な病名が浮かびにくいものですが、
アルツハイマー(認知症)は、馴染み深いと思います。
実はこちらの発生にも、活性酸素が深く関係していると考えられています。

もともと人体には、活性酸素を除去する「SOD」という抗酸化酵素が備わっているのですが、
30代から徐々にその効力が減少していきます。

すると脳内の記憶を司る領域で、活性酸素の影響による酸化が進行し、
物忘れなど、アルツハイマーの症状が深刻化してしまうのです。

また手足の震えや強張りが生じるパーキンソン病も、然り。
活性酸素の暗躍が、脳内の神経細胞に影響を与えることで、進行していまいます。
こちらはアルツハイマーよりも発症が早いケースが多く見られるので(40~60代)、
「老け込むにはまだ早い」と考えている人でも、注意が必要ですよ。

毎日手軽に病気を予防

神経疾患は、実際に症状が進行しないと治療がスタートできないこともあり、
予防は後手後手になりがちです。

その点、水素水の摂取はとっても簡単。
毎日専用のサーバーからゴクゴクと飲むだけで、神経疾患を招く活性酸素の除去に役立ちます。

いつまでも若々しい自分をキープするため「水素水習慣」を始めていきましょう!