水素水サーバーを選ぶなら

水素水サーバーを導入して、毎日手軽に抗酸化しよう!

アクアバンク
アクアバンク公式HP画像
年間費用 64,997円
コップ1杯
(330ml)
29円
公式HP▶
HⅡ GAURA
HⅡ GAURA公式HP画像
年間費用 95,957円
コップ1杯
(330ml)
43円
公式HP▶
アルピナウォーター
アルピナウォーター公式HP画像
年間費用 103,744円
コップ1杯
(330ml)
47円
公式HP▶
※公式HPの情報を基に、水代・水の使用量・電気代などを独自で算出した費用になります。
HOME » もっと知りたい!水素水の情報研究館 » 外出先でも便利な水素水グッズをリサーチ

外出先でも便利な水素水グッズをリサーチ

このページでは、外出時にも利用できるスティックやパックタイプの水素水グッズを紹介していきます。

スティックタイプの水素水グッズ

水道水などにスティック状の製品を一定時間入れておくことで、水素水をつくるタイプのグッズ。スティック内にマグネシウムを含む製品が多く、水とマグネシウムとの科学反応により、水素ガスを発生させるという仕組みです。

ドクター水素水イメージ画像■ドクター水素水
<スティック3本入り/13,440円、6本入り/26,880円、9本入り/40,320円>

テレビの通販番組でもおなじみの、スティックタイプ製品です。

水1リットルあたり1本で0.84ppm、3本で1.65ppmという高濃度水素水づくりが可能になるようです。

メーカーでは、水素水スティック1本で、1日あたり2リットルの水素水をつくったとして、半年程度使用できるとのこと。外出時も手軽に携帯できます。

パックタイプの水素水グッズ

ゼリータイプの飲料に使われる、パウチパックの水素水も。携行性に優れ、キャップ付きで形状も柔軟なので、スポーツをはじめとするアウトドアでの飲用に適しています。

winwin商品画像■WinWin!水素水
<お試し10本セット(300ml×10パック)/3,000円、15本セット/4,500円、30本セット/9,000円>

セブンイレブンでも販売されているパックタイプの水素水。上記以外にも、3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月の定期購入コースがあります。

トップアスリートや芸能人の愛用者も多く、スポーツや美容という観点で、高い注目を集めています。

ボトル・缶タイプの水素水グッズ

普通のミネラルウォーターやお茶のように、ボトルや缶を使った水素水も。冷蔵庫で数本冷やしておいたり、持ち歩くのにも便利です。

■伊藤園還元性水素水
<310ml×24本入り/4,444円>

アルミのボトル形状で、湯布院そばの鹿鳴越山系の伏流水を使用しています。PH値が7.5~8.5の弱アルカリ性軟水で、酸化還元電位は-350~-650mvです。

■ブルー・マーキュリーおいしい水素水
<190ml×30本/4,500円、190ml×60本/9,000円>

アルミ缶タイプの製品で、酸化還元電位-300~-700mvの水素水です。マグネシウムと水の反応や電気分解ではなく、原水に直接水素を含有させる独自技術を採用しています。

このページで紹介している水素水グッズは、手軽さが魅力。しかし長期的な飲用を考えると、やはりサーバー製品を選びたくなりますね。

上手に組み合わせて、室内外の水素水ライフを充実させると良いかもしれません。